2006年11月03日

近づける方法

所詮、他人への本当の思い遣りなんて、
存在しない。


100%の思い遣り。


だけど、



いつも自分が完璧でないことを意識し、
相手に出来るだけ近づこうとすること。


それが大事だと常々思う。



言葉でさえ、人を欺くことがある。

そうしたら、
どうすれば相手を理解できるか。


どんな場面でも通用する方法などない。

ただよく相手を観ることに尽きると思う。

相手と接し、
空気を感じ、
判断する。


最近、
新曲を創ってはいるものの
完成度が気になって
公開しそびれている。

歌詞、メロディ、
どちらかが先に来る。
もしくは、イメージが沸いてくる。

後はそれを統一するだけ。


でも、
一つの曲に仕上げようとすると、
曲の構成、アレンジ、色々と手間がかかる。


その手間を惜しんでいるうちに、
今までの曲でCDを作ってしまった。



数々の曲を創るうちに、
色々と見えてきたことだってあるのに、
それを人に知られることもないまま
成長がないと思われて終わる。


そんなのは不本意だ。



だから、
一つの新曲の歌詞を紹介する。


Be with you

もっと遠く離れたら
きっとあなたを傷つけずに済むのに
それでもそばにいてほしいの

解ったような口ぶりで
語り出すのはやめにして
今 素直な気持ちを
伝えるために…

悲しみを越えて
二人いられたなら
全て包んで
微笑みましょう
穏やかな日々は
一時の安らぎ
いつかの別れも
感じないほど…

嘘を吐くためじゃなくて
解り合いたいから
言葉があるの
そんなことも忘れて
騙し合う毎日

正論は机上の空論
どんな言葉も届かない防音装置の中
ただ単純な願い

「あなたと理解り合いたい」

失いたくない
失いたくない
いつかは離れる日が来ても
乗り越えて行きたい
愛し合えたことは
真実だから

どんな私も
受け入れてくれたね
本当の自分を愛せなくて
怖がってた私を…

今なら飛べるよ
信じられるよ
あなたが愛してくれたから
自分愛せるようになった
ありがとうなんて
一言で言い尽くせない
ずっとずっとそばにいるよ
この世界から居なくなっても




ちょうど、努力を惜しんでいた私の背中を押してくれたあなたへ。


創ってみせよぅじゃなぃか。
やりますよ、私は。
気づかせてくれて、ありがとう。
posted by みーこ at 01:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。