2006年10月14日

求められること。

一人でも、聴いてくれる人がいるのなら
続ける必要がある。


ある人が
私に言ったこと。



昨日、
矢井田瞳のLIVEのDVDを観た。
同年齢くらいの彼女が、
大阪ドームでライブをしていた。

ものすごくうらやましかった。


私はいつも、
正直言って
狭いライブハウスでさえ満員に出来ない。


多くの人に求められて、
彼女は幸せだと思った。


私は、いつまでも負け犬でいるわけにはいかない。

もぅそろそろ年齢だってやばいし、、、


何がいけないんだろう、
どうすればいいんだろう、
いつも考えてる。


多くの人に必要とされたい。


私は、間違っているのだろうか。


まだ、
頑張れるはず。


正直、何度も希望を捨てそうになった。
もぅ音楽をやめたいとも思った。
だけど、見苦しくても、もぅ少しあがきたい。


生き恥をさらしても、
希望は捨てたくない。


地を這いつくばった虫のような私でも。。。
posted by みーこ at 12:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
他人を羨むのはしょうがないけど、羨むだけでは何も変わらないと思いますよ。
年齢とか考えても焦りが出るだけで何も変わらないし、大勢の人に求められてるから幸せなのかどうかはその人にしか判らない気がする。
自分を「負け犬」と称するなんて悲しいです。

私は誰も読んでくれなくてもいいから、書き続けると思う。誰かのためじゃなくて、それは自分の為だから。
ミラクのメルマガ発行だって、今は購読してくれる人がいるけど、最初は自分だけだったし(笑
でも、読んでくれてるかは判らないし、伝わってるかは判らない。流し読みされてるのかもしれないしね。
感想をもらえるように、もうちょっと考えようっと……笑。
Posted by ミラク at 2006年10月15日 00:49
うん、確かに
矢井田瞳が幸せかどうかなんて、
私にもわからない。

自分の為も大切だと思うけど、
それが人にも伝わったらもっといいよね。

人に媚びるのは嫌だけどね><

自己満ではなく、
人に媚びるわけでもなく、
ってのを私は目指したいと思うよ☆
Posted by みーこ at 2006年10月15日 02:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。