2006年08月05日

清貧

中野孝次著「清貧の思想」が
愛読書だ。


欲望の渦巻く世の中で
本当の幸福を知っている人達は
どれくらいいるだろうか。

もちろん、価値観は多種多様なので、
清貧が正しい、清貧でなければならない
とかは思わない。

個人的に、私が清貧の思想から学ぶところが多いと感じただけ。


お金で手に入るものは
大事。
でも、お金で手に入らないものは
もっと大事。


かけがえのないもの。

慈しみ。
感動。
共感。


死ぬ前に、
何を考えるだろう。


私はまず、
お金のことは考えないだろうと思う。


どれだけ心に残る体験が出来たか。
どれだけ人に何かを感じてもらえたか。

私はそれを考えるだろうと思う。


目の前のことしか見えなくて、
焦って押しつぶされそうな気持ちになると、
必ず「死ぬ前に後悔しないように」と心の中で唱える。


川辺で花火を観た。

近くでじっくり観たのは、初めてだった。


巧みに仕掛けられた花火。
一瞬の命を輝かせて、消えていく。

切なかった。


人の命とて、一瞬かもしれない。
その一瞬、
儚くも輝くことが出来たら。


そう思いながら、
明日は代々木公園で3時過ぎからストリートライブ♪
ギターとMD、
購入したアンプを持って頑張ります☆☆


posted by みーこ at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。