2006年07月31日

大河の一滴

五木寛之の、「大河の一滴」を読んでいる。

元々、宗教とか倫理とか哲学とか好きなんだけど(自分は中立を取って無宗教、、)、大いなるものの存在に思いを馳せるのは、何だか心が安らぐ。




涅槃寂静とか、則天去私とか好きだなぁ。。


宗教の中では、仏教が1番好き。河の流れをながめるように、とめどない時間の流れ。。 そして限りある生物の行方、、


そんなのがテーマの歌が作れたらいいな♪(難しそう、、、


最近は、煩悩が心の安らぎの邪魔をしすぎで、俗な人間になっちゃってるの。俗っぽいのも別に好きだけどw
悩みつつ、たまに広い視野でどーんと構えていられるような人になりたいなぁ。あまりにも世間離れしても、それはそれで世の中の楽しみを知らない気もするしな、、、


要するに、みーこは欲張りなのです!!


世界にはね、きっと光る宝石がいっぱい転がってる。
それを見つけられるか見つけられないかは自分次第。運次第、でもある。
輝きをたくさん見つけて、自分でもそれをまといたいな。


そしたらさ、いつか自分の内部からも輝けるようになるのかもね♪



何だかファンタジーな日でした。

*おそらく寝不足だから、ハイなんでしょぅ。
posted by みーこ at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。