2006年01月15日

飾らない美

都会的になるにつれて、飾るのが上手くなってくる。慣れることで得た美しさ。しかし、ふとしたときにボロが出てしまう。だから、何度も同じ過ちを繰り返している。

変わらなければいけないのは、本質の部分。根っこが腐っていたら、いくら飾ったところで本当の意味で祝福されない。

きっかけが必要な時もある。そんな時は、私の音楽、私自身がきっかけとなったら嬉しいし、私も色んなきっかけと出会えたらいいな。


飾らない笑顔。そんな素敵な無邪気な武器を持った人に出会えて、よかったと思う。

posted by みーこ at 15:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本質的な部分に良い変化が生まれると、嬉しいものです。
だけど変化は、一定とは対極ですから、望むポイントで定着してくれるわけじゃないんです。
受け入れられるかどうか・・。

飾らない笑顔を誘うような音楽を、生み出してくださいね。
Posted by 三田 at 2006年01月16日 00:02
変わりたいって思う根の部分ってたくさんあるけど、変えるのって難しいよね。

私は人と接する時、なるべく外見にとらわれないようにしてる。
だから必死で取り繕ってる人は一番苦手。
表面的な付き合いとかすごく嫌い。

みーこは外見は高校時代に比べると当然変わったけど、中身は昔のものがたくさん残ってるのをすごく感じるの。
だからみーことしゃべってると安心するし、自分も飾らなくいられる。
Posted by りえ at 2006年01月16日 12:34
>三田さん

そぅなんですかね、、。望む方向に結構変わらないでしょぅか??

自分のライブ後に、飾らない笑顔してる人がいたら、嬉しいですよね^^

>りえちゃん

うん、だから私達って不器用だけど、必ずホンモノを手に入れることが出来ると思う。色んな意味で。

変わった外見より、変わらない中身を好きでいてくれるのが嬉しいね♪ ていうか、高校時代の友達は、ほんとに中身変わらなくて、安心する!
Posted by みーこ at 2006年01月19日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。