2005年12月13日

栄養

久しぶりに料理した。自分で料理する時は、栄養を先に考えてしまう。男の人に人気なハンバーグとかオムライスとか、栄養が偏っているから作る気になれない。ごぼうとかにんじんとか、とにかく栄養命。もちろん、できれば美味しいものを作りたい。

でも不思議で、栄養があるものって、味自体があまりよくなくても、食後に元気が出てくる。やっぱり体が欲しているものなんだろうなって思う。


最近はコンビニばかり利用していたので、体が栄養不足だったんだろう。妙に鬱っぽかったのもそのせいかな。やっぱり体と心は直結したところがある。

音楽やっている割に、私は節度あることが好き。整っていて、正しいことが好き。好きな人は一途に想い続けたいし、大事にしたい。当たり前のことが自然と出来る人になりたい。


栄養ある生活、これから始めよう。きっと元気になれるはず。
posted by みーこ at 14:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
音楽やってる割に・・、たしかに、ミュージシャンの不摂生というイメージがありますが、これから健康的な音楽家が増えていくと思います。

ちなみにわたしは、100%外食。
家に調理器具はありません。電子レンジすらありません。

でも、実際食べるのは、野菜や魚が多いです。
ジジイだから・・。
たまに肉食べると美味しいですけどね!
Posted by 三田 at 2005年12月14日 01:58
いわゆるミュージシャンのイメージを覆したいですねっ! 体と心が健康じゃないと、いい音楽作れないような気がしますよ、、。ぁ、でも健康すぎると芸術って成り立たないのかな^^;

ジジイなんて言わないで下さい;; 野菜や魚、素晴らしいじゃないですか♪栄養あるものは年齢に関係なく必要ですよー><


って私、おばさんっぽぃ、。
Posted by みーこ at 2005年12月14日 11:36
オレは生野菜を良く食べるんだけれど、
1週間くらいサラダ食べないと疲れ気味になって、鬱っぽくなって、だらける。
ヤッパリ食べ物って大事なのね。
Posted by くろ at 2005年12月16日 18:57
新規の投稿でコメントができないみたいです。

で、こちらに。

無欲であるって、できたらいいなぁ、と思います。

中国の道教では、必ずしも無欲が良い事だとは教えていないのが、面白いところです。

普通、宗教は無欲的な境地に向かうのですが、道教は現生利益の追求を推奨しているんです。

儲かる事は善。損する事は悪。

善悪の概念をそういう基準で教えられて育つ子供達がいる、中国とは、驚異的な国です。

と、それてしまってすみませんね。
Posted by 三田 at 2005年12月17日 21:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10614992

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。