2005年12月03日

私は気分屋だと思う。それがコンプレックスでもある。だからこそ、気分が落ちた時は、なるべく人に見せない方がいいんだと思う。

一度前向きになったら、とことん進めるのだけれど、それまでが厄介。相手があまり気にしない人ならいいのだが、繊細な人だと振り回されるんだろうな。。。 私自身、相手が凹んでると自分までどん底の気分になって、何とか気分が回復するように支えたいって思うから、相手が同じような人なら相当負担をかけているのかも。いゃ、私は大丈夫なんだけど。普段あまり頑張ることができないから、そういう時こそ必死になれるから逆に生きがいを感じる。でも押し付けたくは無いけどね>< 所詮は自己満足だけど、相手も満足してたら嬉しい。あくまで希望。

自分は自分でしかないのだから、相手のことを100%理解するなんて不可能。だけど、出来るだけ解ろうとすることはすごく重要だと思う。限りなく近づく、、数学のLimitみたいな。自分がしていることは、あくまでも自分の限界を超えることはないけれど、出来るだけ限界まで行こうとする努力。謙虚でいながらも、淡々と努力できる人って素敵。


そんな理想です。押し付けがましくない優しさが好きです。何かワガママだなぁ、私^^;


posted by みーこ at 01:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしは若い頃、全然謙虚では無く、非常に横柄で生意気でした。

今は、反省して、謙虚にしようとしていますが、油断すると、つい横柄になってしまう事があります。

さらに、優しさも押しつけがましいし・・。

やはり、根が悪人なのかも知れません。
努力して善人ぶっているだけで。

一瞬でも自分に絶望しそうになる時、ツライです。

人を理解しようとする姿勢を見習います。
Posted by 三田 at 2005年12月03日 02:13
悪人なんてことはないと思います><

自分を省みることができるのはいいことだと思いますし。。


善人ぶる努力だって、重要だと思います。努力していくうちに、本当にそうなっていることだってありますから。
Posted by みーこ at 2005年12月03日 10:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10120934

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。